最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

小売はセブン、商社は三井物産が首位に

セブンが宅配で使用するのは電気自動車。環境にもやさしい(撮影:梅谷秀司)

信頼される会社を、複数のデータから見つけるのがCSR企業ランキング(総合)。この総合ランキング、部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融を除く。同業界は別途近々発表予定)。

ひとことでいうと、総合ランキングの特徴は、絶対的な差が大きいことだ。CSR分野に幅広く取り組む大手メーカーの得点は必然的に高くなる。環境部門など、サービス業では可能な活動に限界がある分野もある。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は、業種別に見ていくことが必要だ。そこで、今回は、証券取引所分類を18業種にまとめ、各業種の上位20社をご紹介する。さっそく、CSR先進企業を見ていこう。

食料品トップはJT、繊維は東レが帝人を上回る

水産・農林業/鉱業/建設業の1位は、国際石油開発帝石(得点545.5点)。財務部門のトップ企業だ。総合順位では14位と、昨年の25位から大きく順位を上げている。人材活用84.2点、環境82.6点、企業統治+社会性93.5点と財務以外の部門でもまんべんなく点数を稼ぎ、総合10位入りも目前だ。以下、2位積水ハウス(518.2点)、3位大和ハウス工業(505.7点)と続く。上位企業のほとんどは建設業で、水産・農林業は20位以内に入らなかった。

食料品のトップはJT(552.1点)。人材活用96.1点、環境94.2点、企業統治+社会性94.8点と高得点を揃えた。タンザニア、マラウイ、ザンビアといった葉たばこ産地で灌漑設備や井戸の設置を行うなど、本業と関係の深い地域の発展を志す。以下、2位味の素(541.6点)、3位キリンホールディングス(529.0点)、4位アサヒグループホールディングス(510.9点)までが総合100位以内だ。

繊維製品は東レが534.8点でトップとなった。人材活用97.4点、環境89.9点、企業統治+社会性90.8点とバランスよく得点。2位は帝人(515.3点)。企業統治+社会性は100点と高いが財務で差がついた。3位のワコールホールディングス(476.1点)はツートップに大きく水をあけられている。700位に入った企業は15社にとどまり、業界全体の存在感は薄かった。

次ページ伸びしろ大きい?あのグローバル企業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT