最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

小売はセブン、商社は三井物産が首位に

「高水準の戦い」を制したキヤノン

鉄鋼/非鉄金属/金属製品はトップの住友電気工業(525.3点)が頭一つ抜け出ている。水処理膜、スマートグリッド関連製品といった環境ビジネスの取り組みなどで、環境部門は91.3点と高い。以下、2位LIXILグループ(513.1点)、3位ニッパツ(495.1点)と続く。鉄鋼大手は4位の新日鐵住金(489.4点)が最高。8位ジェイ エフ イー ホールディングス(475.8点)、12位神戸製鋼所(451.1点)とふるわなかった。

機械はコマツがトップ(545.4点)。環境ビジネスでは、日米欧での排ガス規制対応建機や高燃費のハイブリッド建機の開発・発売を手掛ける。ほかにも、工場でのビオトープ整備、海外での植林、また製造工程だけでなく製品使用時や廃棄時にも及ぶサプライチェーン全体での温室効果ガス排出量(スコープ3)の把握など、幅広い活動が環境部門94.2点の高得点を生んだ。昨年トップの三菱重工業(540.8点)は2位に陥落。3位はダイキン工業(536.1点)だった。

電気機器/精密機器はキヤノン(556.5点)がトップ。人材活用85.5点、環境95.7点、企業統治+社会性92.8点と一定レベルのCSR得点に加え、282.5点と高い財務得点が寄与し、総合でも4位と上位入りした。以下、2位富士ゼロックス(550.2点)、3位東芝(547.1点)、4位ソニー(545.7点)と続く。7位のNEC(544.1点)までが総合20位内。この業種は20位の東芝テックでも総合で84位(504.2点)に入る、高得点がひしめく業種だ。

次ページ日本のトップランナーが首位の座を明け渡す
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT