最新「CSR企業ランキング」部門別トップ30

人材活用は富士フイルム、環境はダイキンなど首位

本業喪失の危機を乗り越えた富士フイルムHD(写真は2012年6月の会見時。左が古森重隆会長、右が中嶋成博社長 撮影:尾形文繁)

信頼される会社をデータから見つけるCSR企業ランキングは、以下の4部門の得点を合計して、総合ランキングを作成している。すなわち、(1)人材活用、(2)環境、(3)企業統治+社会性、(4)財務である。今回は、各部門のランキング上位30位までの企業をご紹介しよう。

なお、4つのうち、財務を除く3つの部門では、各評価項目の得点を合計し、トップを100点に変換して計算している。そのため、「100点」=すべての評価項目が満点、ではない。ご注意いただきたい。

次ページ人材活用トップ企業の充実制度
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。