最新「CSR企業ランキング」部門別トップ30

人材活用は富士フイルム、環境はダイキンなど首位

環境はトヨタ、ブリヂストン、東芝など5社がトップに

続いて、26項目で評価した環境部門は、トヨタ自動車、ブリヂストン、東芝、ダイキン工業、コニカミノルタの5社が首位に並び立った。

いずれも環境に強みがあるメーカーだ。トヨタ自動車は小型ハイブリッド車「アクア」といった環境にやさしい車の開発に、海外工場への太陽光発電システムの導入、スマートコミュニティ事業への取り組みなど幅広い活動を誇る。

低燃費タイヤを開発・販売するブリヂストンは、太陽光発電を国内5工場、2研究施設で導入。東芝は、大気・水域への環境負荷排出等で法規制より厳しい自主管理値を設定。太陽光発電等の再生可能エネルギーや上下水道等の水ビジネスも推進する。

ダイキン工業は省エネ空調設備、節電ソリューションビジネスや海外工場での太陽光発電を手掛ける。コニカミノルタは、取引先でのCO2排出量、廃棄物削減に寄与する活動を技術指導を含めて行うなど、各社とも甲乙つけがたい特色ある環境活動を展開する。

製造業が上位に並ぶ中、18位の三井物産は唯一の卸売業としてランクインした。柱の資源から再生可能エネルギーなどの環境ビジネスに展開。環境管理担当者を国内支社・支店のみならず海外にも配置し、ISO14001も取得するなどの幅広い活動が、建設を除いた非製造業で、抜きんでた得点につながった。

次ページガバナンス上位には注目の家電メーカー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT