最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

小売はセブン、商社は三井物産が首位に

小売業はセブン&アイがイオンを制する

小売業は2013年に引き続き、2強の争い。トップのセブン&アイ・ホールディングス(539.6点)は逆転でイオン(534.5点)を制した。人材活用、環境ではイオンが上だが、企業統治+社会性と財務はセブンが大きく上回った。3位ファミリーマート(471.3点)は2位イオンから60点以上も下回る。小売2強の一騎打ちは続きそうだ。

不動産業のトップは三菱地所(495.4点)。2位イオンモール(452.0点)、3位ヒューリック(451.7点)と続く。この業種トップの三菱地所でも総合108位と、全体として順位は高くない。特に人材活用が低い。障害者雇用率、有休取得率、女性活用などで後れている企業が多く、不動産業全体の課題といえそうだ。そうした中、3位のヒューリックは人材活用86.8点と高得点だった。

サービス業はNECフィールディング(500.5点)がトップ。国内最大級のコンピュータ保守会社の同社はBtoBビジネスが基本だが、幅広いCSR活動に取り組んでいる。特に企業統治+社会性が95.4点と高得点。しかし、同社はNECの完全子会社となり、2014年夏には上場廃止となる見込みだ。以下、2位電通(494.0点)、3位ベネッセホールディングス(461.3点)、4位楽天(457.6点)と続く。

業種別に見ると、業種の特性を除いた企業間の実力差が見えやすい。このランキングをひとつの見方として、参考にしていただきたい。

■CSR企業総覧

企業評価の新たな視座として浸透してきたCSR(企業の社会的責任)。上場企業をはじめ有力1210社におけるCSRの取り組みを、国内最大規模のデータベースから各企業個別に紹介した、日本で唯一の刊行物。

紙版はこちら       データ版はこちら 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT