本当のホワイト企業、"トップ5"はどこか

新入社員に優しいだけでは、真のホワイト企業ではない

こうしたさまざまな活動を行う環境面に優れた企業であることが、評価データを見るだけである程度わかるようになっている。

お買い得企業を探すなら、売上高3000億円が目安

ただ、このランキングは超大手企業が上位に入りやすい、という問題点がある。規模で区切ると、前出の東芝、トヨタ自動車やNTTといった、超大手以外の優良企業が見つかることも多い。以下では、売上高3000億円以下の企業を対象にした「中堅企業版・ホワイト企業ランキング」も作成した。

「売上高3000億円」は、上場企業の売上高でみると、だいたい上位10%前後のあたりが分かれ目になる。超有名企業以外の優良企業は、このあたりに存在していることが多い。

こうした区分けをすると、「中堅企業版」で見た1位は、スポーツシューズのアシックス。人材活用89.5点、環境87.0点、企業統治+社会性86.9点とバランスよく得点している。従業員にも社会にも環境にも目配りをしている、「信頼できる会社」といえそうだ。

このようにランキングを基本に、まず全体像を把握し、そこから「新卒3年後定着率」、「有給休暇取得率」、「女性管理職比率」といった個別のデータを見ていくと、効率よく良い企業を見つけることができる。

『本当のホワイト企業の見つけ方』では、企業に関しての見方を詳細にまとめている。本書では上記のホワイト企業ランキングも、より多くの企業を対象に掲載している。ぜひ参考にしていただきたい。 

 

働きやすくて、信頼される会社はここだ!
「本当のホワイト企業の見つけ方」
新卒定着率や育児休業取得率などの「働きやすさ」に加え、CSR(企業の社会的責任)や財務状況も考慮した「本当のホワイト企業」を見きわめる指標やランキングを徹底解説している。 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。