本当のホワイト企業、"トップ5"はどこか

新入社員に優しいだけでは、真のホワイト企業ではない

ランキングは作成者の基本的な考え方に基づいて、数値情報などで得点を設定し、総合評価している。これを1次情報として、さらに重要なデータを個別に見ていくことで、企業の全体像がわかりやすくなる。

今回は、東洋経済の保有する、多くの客観データを使って、幅広く社会から信頼される「ホワイト企業総合ランキング」を算出してみた。

4分野を中心に「ホワイト企業」を総合判定、1位東芝

評価項目は、東洋経済『CSR企業総覧』に掲載する人材活用(38項目)環境(26項目)、企業統治(34項目)、社会性(27項目)の4分野で幅広く設定。たとえば、人材活用は「女性管理職比率」、「障害者雇用率」、「有給休暇取得率」、「従業員の満足度調査」、「新卒入社者の定着度」といったデータを使っている。新卒入社者の定着度が、全体の評価項目の中の、一部分を取り出したものだ、ということがおわかりいただけるだろうか。

こうした多くの項目を使い、4分野の各評価得点を算出(企業統治と社会性は合計点)し、これらを合計する。人材活用、環境、企業統治+社会性という分野に分かれていることで各企業の強い分野、弱い分野もわかる。

さらに、3年平均のROE(自己資本利益率)10%以上というフィルターをかけて、資本効率や財務なども考慮したのが、「ホワイト企業総合ランキング」だ。

1位の東芝は人材活用97.4点、環境100点、企業統治+社会性96.7点といずれも高得点。特に環境は100点で、トップとなっている。同社は環境に影響を与える排出物等の量を法規制より厳しく設定、太陽光発電等の再生エネルギーや上下水道の水ビジネスも展開している。

次ページホワイト中堅企業ランキング1位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT