「就活エリート」の高笑い、「普通の学生」の涙

就活「2016年問題」で得する学生、損する学生

実際に面接や何かで自分の実力を判断されたうえで落とされるのであれば、まだ納得がいきます。ですが、この層の学生は、自分の実力を示すチャンスすら与えられない状況になってしまうと考えられるのです。

「就活落ちこぼれ層」は不人気大量採用企業に絡め取られる

採用担当者が積極的にアプローチしてこない中下位校の学生で、就職活動にも熱心ではない層の人たちは、正直、かなり厳しい状況が予想されます。そのため、たいへん申し訳ないのですが、こういった層を「就活落ちこぼれ層」と呼ばせていただきます。

この層の人たちは、周りが就職活動を始めてから、自分も重い腰を上げるタイプで、これまでも思ったとおりの就職はできていなかったように感じています。

このたびの就活後ろ倒しにより、この層に属する学生たちは、就職活動に対してより受身になり、将来のキャリア設計や自分の適性を考えることなく、「とりあえず入れるところに行けばいいや」という安易な就職活動をしてしまいそうで、たいへん心配しています。

こういうスタンスで就職活動に臨んでいると、離職率が高く、世間的にあまり評判のよくない会社が展開している採用活動に引っかかりやすくなります

もちろん、本人が気に入れば何も問題はないのですが、そもそも離職率が高いのには何らかの理由があるので、入ってから数カ月も経たないうちに会社を辞めてしまうケースが続出しそうです。

結局、得するのは「就活エリート」だけ

いかがでしたか? ややショッキングな内容に聞こえたかもしれませんが、今、説明してきた状況は、残念ながら現実です。「就活エリート層」以外の皆さんは、心して準備にあたり、手遅れにならないよう注意してください。

結局、今回の就活後ろ倒しで得をするのは、学生の中では「就活エリート層」だけです。

ちなみに、現役の大学生は各学年、約60万人。その中の上位校の学生数は4~5万人程度です。上位校の学生の中でも、就職意識を高く持っている学生は、どんなに多く見積もっても半分はいません。

つまり、今回の就活後ろ倒しで得をするのは、全体の5%に満たない学生だけなのです。そして、それ以外の大多数を占める学生の皆さんは、何らかの形でこれまでより不利な状況になることを肝に銘じてください。

新刊『就活「後ろ倒し」の衝撃――リクナビ登場以来、最大の変化が始まった』、好評発売中です!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング