外資女が「烈女」になるのにはワケがある

結婚だって、「なんとなく」なんてありえない

この言葉を受けて私は衝撃を受けました。

正しくは、パッパラップーの上司のくせに、いいこと言うやんけと思いました。すいません。部下というものはつねに不遜なものなのです。

外資系に勤めている女性はこれを理解しています。

自分の人生に何が必要か、つねに考え、理解しています。

それは、高い所得や働きやすい環境、人によっては、所得が高く肩書きがすばらしい旦那さん(!)かもしれません。

それを得るためには彼女たちは手段を選びません。ただでさえ、苛烈な競争下の外資系に勤めているのです。

たとえ「人間じゃない」と言われても…

彼女たちはどんどんと気が強くなっていきます。

自分たちの選択に信念がありますから、自分の意見を言うこともいといません。

言い換えれば、我が強いのです。

私の上司に40代後半のシングル女性がおりました。

彼女は目的達成のためにはパワハラも辞さないその非情な仕事っぷりに、「人間じゃない」と言われていました。

人間なのに人間じゃないとはこれはいかに。

しかし、そんな彼女は長年のハードワークがたたってか、部下たちの呪いが通じてか、体調を崩してしまい、しばらくして会社を辞めてしまいました。

仕事はできるけれど、人望はなく、50代目前で独身の彼女に残されたものはいったいなんだったのでしょうか。

とりあえず、銀座の一等地のマンションはお持ちでしたが……。

といったところで、それでは今日はこの辺で失礼します☆
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。