出世のためなら三千里!外資系で「上る」技術

誰もが、上司のために働いている!!

こんにちは! ずんずんです!

海外で働いていると、オフィスにはいろんな人種の方がおりまして、常々、思うのは、

みんな気が強いなぁ……

ということです。

私も日本ではだいぶ我が強いほうにあたりますが、この多人種国家シンガポールにおいては、

オフィスではいつでも生まれたての子羊のようにぷるぷるしております。

だってみんな怖いんだもん!(涙)

さてはて、日本では自分の意見を主張しすぎることはあまり好まれませんが、海外ではまったく逆です。意見を言わなければ「自分がない」やつだと思われて見下されてしまいます。

それは日系とは異なった企業文化を持つ外資系企業でも同じです。

自分を主張し、いかに自分の地位を勝ち取るか? それが出世にもかかわってきます。

というわけで、今日は前に出たもん勝ち!?な外資系の出世術をご紹介したいと思います。

「しゃぶしゃぶ」で同僚が大出世?

外資系企業の場合、社内で出世するというのはなかなか難しいことです。

たとえば、部長クラスの人が辞めたとしたら、内部から繰り上げで誰かが部長になるわけではなく、外部から新しい人が雇われることがほとんどです。

ですが、時折、社内でもぐんぐんと出世していく人がいます。それは必ずしも優秀な人であるとは限りません。

ではどんな人が出世していくのでしょうか?

次ページはい、あーん?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。