外資系母、「マレーシア子育て」の魅力を語る

米国系インタースクールでのびのび生活

鍋嶋麻奈さん。現在2人の子どもとマレーシアに滞在中

鍋嶋麻奈さんは、小学校低学年を米国の現地校で過ごした帰国子女だ。その後日本に戻り、横浜市の公立小・中・高校、国際基督教大学を経て渡米。米国オハイオ・ウェズリアン大学卒業後、コロンビア大学大学院卒業 (修士)。その後、米系証券や銀行にて20数年間、本邦事業法人営業に従事した経歴を持つ。

2010年より12歳、7歳、5歳の子どもを連れてまずシンガポールへ、そして2012年にマレーシアの首都 クアラルンプール(KL)へやってきた。

鍋嶋さんが選んだ学校はインターナショナル・スクール・オブ・クアラルンプール(以下ISKL)。英国式が主流のマレーシアでは珍しい米国式で、先生の多くが米国人。高校卒業時にはIB(国際バカロレア)ディプロマも選択出来る。

早いうちからディスカッションの訓練をさせたかった

――外資系の金融機関で働いていた経験から、海外の教育を選ばれたのですか?

日本の学校は基礎学力を付けるには非常に良いと思いますが、平均的に優秀な人をいっぺんに生産するイメージですね。

外資系で働いていると、仕事は上から降って来ないんですよ。たとえば、私が某証券会社に入ったときには、いきなり『会社四季報』と電話を渡されて、客を探して来なさいと言われました。終身雇用でないので、自分で仕事を作って結果を出さないとダメです。言われたことをやるというスタイルではないのです。

こういう仕事のための土台を作るには、自分で仮説を立てて、試行錯誤を繰り返して行くというプロセスが必要になってきます。さらにチームのみんなと意見交換してお互いの成功や失敗から学び合い、より良いサービスにつなげていく。こういう訓練をするには早いほうが良いと、私は考えたのです。

たとえば、子どもたちの通う学校では、ディスカッション、プレゼンテーションなどは特別なことではなく、日々ある光景です。

日本でもIBを高校から取り入れているところが増えてきましたが、果たして高校からで間に合うのだろうか?と思います。

次ページ海外生活のメリットとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT