外資系母、「マレーシア子育て」の魅力を語る

米国系インタースクールでのびのび生活

――面白いですね。

小学校低学年から、自分で仮説を立てて、論点を整理しながら組み立てて行くという訓練をするのです。これはとても良いと思いますね。なにより学ぶ喜びにつながってくると思います。教育は学校だけでは終わりません。生涯続くので、そのためには探究心を持ち続けることがとても大事だと思っています。

海外に行くことで増えた選択肢

――将来は欧米の大学を視野に入れているのですか?

将来のことは本人に任せようと思っています。実際に、長女は4年間東南アジアのインターナショナル・スクールで勉強しましたが、「日本語で勉強したい」と、日本のつくば市の私立高校に戻りました。この高校がまた素晴らしく、日本にも良い学校があると再認識しました。海外に行ったおかげで、選択肢が増えたのは良かったと思います。

――これから来る人へのアドバイスはありますか。

各家庭で教育方針が違うと思いますので、カリキュラムが家庭の教育方針に合うか、自分の子どもに適しているのかを自分の目で見極めると良いと思います。学費は先生の出身国や資格と比例しています。教育方針、学費、将来の進路、帰国時期、日本人の人数、英語サポートの方法等を考えると良いでしょう。

住居は、セキュリティはもとより、交通渋滞を考え、通学・通勤時間、放課後遊ぶお友達や遊ぶ場所を確認してから慎重に選びましょう。サービスアパートで短期滞在をしてから本格的に来られると様子が具体的にわかるかもしれませんね。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。