マレーシア、「移住前に知っておくべきこと」

住んでいるのはどんな人たちなのか

茨城大学で4年間学び、日本社会にも精通しているニザムさんはマレー系マレーシア人だ
日本人の移住人気ナンバーワンと言われるマレーシア。ただし、物価や生活ぶりについては語られても、そこに住むマレーシア人について、よく知らないまま移住してくる人も多いのが実情だ。今回は、日本をよく知るマレーシア人に、日本人がマレーシアに住むときに持ちたい最低限の知識、気をつけたいことを聞いてみた。
サヒポール・ニザム・ビン・モハマド・ナジルさんは、マレーシアのマラヤ大学を経て茨城大学に4年間留学し、その後日本の貿易会社で6年働いた経験を持つ。さらに、マレーシアで撮影する日本クルーのためにコーディネーターとして、通訳や番組チェックなどの仕事をして来た。日本人の奥様との間に3人のお子さんがいる。
ニザムさんは、「あくまでこれからお話することは、僕個人の観点から見たことで、ほかの人に聞いたら違う答えがあるかもしれません」と前置きしながら、以下のように語ってくれた。

日本人移住先、人気ナンバーワン

――まずマレーシアについて知っておくべき基本的なことはなんでしょうか。

マレーシアは多民族の国であるということです。マレー系、中華系、インド系とそれぞれの民族がいます。宗教も国教であるイスラム教、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教などさまざまです。それぞれの人種が文化や宗教を保ちながら、独立後、57年もの間共存してきた歴史があります。マレーシアのイスラム教はスンニ派で穏健な人達が多く、自分と違う文化や宗教を受け入れる土壌があります。

次ページ多様な民族と接する際に気をつけることは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT