マレーシア、「移住前に知っておくべきこと」

住んでいるのはどんな人たちなのか

茨城大学で4年間学び、日本社会にも精通しているニザムさんはマレー系マレーシア人だ
日本人の移住人気ナンバーワンと言われるマレーシア。ただし、物価や生活ぶりについては語られても、そこに住むマレーシア人について、よく知らないまま移住してくる人も多いのが実情だ。今回は、日本をよく知るマレーシア人に、日本人がマレーシアに住むときに持ちたい最低限の知識、気をつけたいことを聞いてみた。
サヒポール・ニザム・ビン・モハマド・ナジルさんは、マレーシアのマラヤ大学を経て茨城大学に4年間留学し、その後日本の貿易会社で6年働いた経験を持つ。さらに、マレーシアで撮影する日本クルーのためにコーディネーターとして、通訳や番組チェックなどの仕事をして来た。日本人の奥様との間に3人のお子さんがいる。
ニザムさんは、「あくまでこれからお話することは、僕個人の観点から見たことで、ほかの人に聞いたら違う答えがあるかもしれません」と前置きしながら、以下のように語ってくれた。

日本人移住先、人気ナンバーワン

――まずマレーシアについて知っておくべき基本的なことはなんでしょうか。

マレーシアは多民族の国であるということです。マレー系、中華系、インド系とそれぞれの民族がいます。宗教も国教であるイスラム教、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教などさまざまです。それぞれの人種が文化や宗教を保ちながら、独立後、57年もの間共存してきた歴史があります。マレーシアのイスラム教はスンニ派で穏健な人達が多く、自分と違う文化や宗教を受け入れる土壌があります。

次ページ多様な民族と接する際に気をつけることは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT