「マレーシア経由で米国の大学」という選択

米国留学を前提にしたプログラムがある

マレーシアに住んでいたころの阿部まどかさん(左から2人目)

阿部まどかさんは、日本で育ち、神奈川県の県立高校から、ハワイの高校へ交換留学。その後、日本に戻って日本の大学に通ったあと退学。マレーシアの大学を経て、最終的に米国の大学へ入学して現在勉強中、というユニークな経歴を持つ。日本、マレーシア、米国、それぞれの勉学環境は、どのように違うのか。自らの体験を語ってもらった。

日本の大学が物足りない

幼少期から国際交流に関心のある両親の下、たくさんの外国人を見ながら育ってきたまどかさん。そのおかげで国際交流にもともと興味があり、県立高校時代には、ハワイに交換留学した経験がある。当時、米国の公立高校はあまり勉強しなくてもよく、授業に参加できれば卒業できた。

2010年、大分県の立命館アジア太平洋大学国際経営学部に推薦で進学。同大学は90カ国以上の国の学生を集めた国際性で知られる。しかし、最初は刺激的だった授業が、だんだん物足りなくなった。

「大学の提出課題に高校のときに書いたエッセーを出したら、A+の評価を貰ってしまったこともあります。高校の授業が充実していたので、早大に行った友達と、なんだか物足りないと話していました。これではいけない。もっと勉強しようと思い立って大学を辞めたんです」

大学を辞めたあと、米国の大学に行き直そうと思ったが、いきなりの留学は難しかった。日本の大学と違い、米国の大学では数学などの理系の単位も取らなければ入れない。

そんなおり、たまたま父親がマレーシアに転勤となる。マレーシアでは中華系、インド系の教育熱心な親たちは最終的に子どもを欧米の大学に入れることが多く、そのため、欧米の大学の単位が取れる学校が多く存在する。母親からそんな情報を聞いたまどかさんは、マレーシアに興味を持つ。これが、転機となった。

次ページ毎日が課題に追われる日々
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT