「マレーシア経由で米国の大学」という選択

米国留学を前提にしたプログラムがある

もう一つ、苦労したことがある。それはマレーシアの英語の発音だ。高校時代に米国留学していたまどかさんは、当初マレーシア人の発音に慣れず、いったい何を言っているのか、ほとんどわからなかったという。

「はじめは訛りのひどい英語だと思いました。でもそのうち慣れてきました。マレーシア人の中には英語に苦労している人もいました。そのため、大学にはエッセーが書けない学生、文法が苦手な学生のために英語をサポートするコースもありました」

無事、規定の単位を取ることができ、2013年9月からニューヨーク州立バッファロー大学でビジネスを学ぶ。

「マレーシアに来たおかげで、米国の大学へ行くための基礎がしっかりできました。それから、英語も伸びました。とくにライティングですね。日本の大学では毎日勉強しなかったのですが、テイラーで毎日勉強するクセがつきました」

しかし米国に来た今、勉強量はさらに多くなった。

「マレーシアと米国、そして日本を比較すると、一番大変なのは米国の大学です。授業への参加状況、議論やプロジェクトへの参加状況などが厳しく審査され、卒業するのは大変です。たとえば、マーケティングの授業でも、米国にない新製品のマーケティングプランを作るとか、実践的ですね。日本にも似たような授業はありましたが、資料を基に、存在するものを改善するような感じでした」

あと1年半で米国の大学を卒業予定だ。将来は米国で働こうと思っているという。

「マレーシアでのインターンも経験しましたが、労働環境は米国のほうが優れています。日本に戻って長時間労働できるか?というとちょっと良くわかりません。日本にいたら、物足りなくなる気がします」

ビジネスを専攻していることもあり、将来は起業したいという気持ちも持っているという。

最後に、マレーシアで勉強したことを総括してもらった。

「日本人にとって、違う人を受け入れるということは、かなり難しいことなのではないでしょうか。その点で、マレーシアに来てみることはお勧めしたいです。国際色はマレーシアのほうが米国よりあると思います。米国は米国人が主流ですが、マレーシアはマレーシア人といっても一つの国に多くのカルチャーがあり、それぞれの文化が際立っています。イスラムが身近になってきたのも良かったです。まさに、これを求めていた、みたいな感じです」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT