15歳が決断した、単身の海外寮生活

中学生が半年のマレーシア生活で得たもの

林怜美さん。現在、マレーシアで暮らしている

林玲美さんは15歳の中学生。本格的な英語教育を取り入れることで知られる、静岡の加藤学園暁秀初等学校出身で、小学生時代から日本語と英語での勉強をしてきた。中学からは東京の私立中学に入学するものの、2013年10月、母親のインドネシア転勤をきっかけに海外留学の話が浮上した。

日本の中学では弓道部に入り、毎日楽しく暮らしていたという。ただ、いつも同じ事の繰り返しであることが気になっていた。

「後から思い出すと、同じような毎日がずらーっと並んでいて、何もせずに時間を無駄にしたような喪失感がありました。勉強も何も、何のためにしているかわからない。飽きて、面倒くさくなり、適当に流していたのですが、でもそんなの嫌だなと思うようになりました。毎日は楽しいけどこれじゃ人生がつまらないと。ならば、自分で人生を面白くしようと思ったのです」

海外への留学を決断

両親からは、日本に残るのならば祖父のいる静岡県の公立中学に通うように、と言われた。しかし、玲美さんはそれならば、自分のためになる海外留学をと考えた末、東南アジアの学校を調べ始めた。

小学校時代の授業は半分英語だったとはいえ、クラスメイトのほとんどが日本人。英語を話す力は育っていなかった。そのため、英語を話す環境があり、寮生活が可能で、両親との行き来もしやすい場所、なおかつ国際的な学校、という条件の学校を探した。

次ページどうやって学校を探した?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT