「マレーシア経由で米国の大学」という選択

米国留学を前提にしたプログラムがある

2011年にマレーシアに引っ越し、しばらく中国語を習ったり旅行をしていたまどかさんだが、2012年に入り、クアラルンプール郊外にある、テイラー大学のオープンデイに参加した。広々としたキャンパスで、カウンセラーたちがきめ細かく相談に応じてくれた。

「このオープンデイの印象がとても良かった。そして、この大学では米国の希望の大学に入るために、カウンセラーが一人ひとりにつき、これまでに大学で取った単位を見ながら、さらにどの単位が必要になるかをアドバイスしてくれるシステムがありました」

2011年、テイラー大学に入学。米国への留学を前提にしたコース「アメリカンディグリープログラム」に入ることになった。

勉強量は、米国>マレーシア>日本

アメリカのキャンパスで友人と一緒に

「テイラー大学に入って驚いたのは、勉強をガッツリやることです。マレーシアではこんなにやるのか、と思いました」とまどかさん。

クラスメートの多くはマレーシア人で、そのほか、中東の学生や台湾人、韓国人などがいたが、日本人はただ一人。 「最初は数学など簡単すぎるかなと思いましたが、じき難しくなってきた。そして、後になればなるほど、楽しくなってきました。勉強しているという充実感がありました」

毎日宿題があり、やることが非常に多かったのが印象的だった。

たとえば、アカウンティング(会計)の授業では、1カ月分の企業の会計資料を元にファイナンシャル・ステイトメントを作る作業があった。課題の70%以上を取れていないと単位が貰えないため、ハードな勉強が要求される。筆記やエッセーが多く、授業内での討論も多い。英語は毎日エッセーを書かされる。宿題の量が多く、終わらせるのは大変だったという。同時期にマレーシアの中学に編入した妹も、勉強量の多さに苦労していた。

次ページマレーシアの大学は米国よりも国際色豊か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT