頭の良さより「共感力」で人生が決まる納得理由

「無能なナルシスト」は、もう成功しません

「共感力」こそがいまのリーダーには求められています(写真:mits/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち12万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「一流の人ほど『共感力の魔術師』である納得理由」について解説する。

芋づる式にあぶり出された「日本のリーダーの質」

女性蔑視問題で世界の非難を浴びた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞任しました。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最後の会見でも自らの実績を並べ立て、恨み節で締めくくり、決して往生際がいい態度とは言えませんでした。

この騒動の過程で、火に油を注いだのが、彼を擁護するかのような政財界のリーダーの発言。次から次へと白日の下にさらされるリーダーと言われる人たちのあきれた言動に、こんな問いが浮かびます。はたして日本のリーダーの質は「劣化」しているのか

今回の森会長の騒動は、まるでリトマス試験紙のように「時代についていけていないリーダーたち」を芋づる式にあぶりだしました。

蔑視発言を「そんなこと」「どうしてもお辞めになりたいということだったら、また新たなボランティアを募集、追加せざるをえない」と無神経に言い放った自民党の二階俊博幹事長。

「日本社会というのは、ちょっとそういう本音のところが正直言ってあるような気もしますし、こういうのをわっと取り上げるSNSっていうのは恐ろしいですね。炎上しますから」と森氏への明確な批判を避けた経団連の中西宏明会長。

森氏から「男泣き」され、後任を託され、ペラペラと「密談」の内容を記者に話す日本サッカー協会の川淵三郎元会長。

今回は、時代遅れの日本のリーダーを「反面教師」にした「共感力」の大切さについて解説します。

次ページ「権力モンスター」化するパターンも…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT