日本人も多い「話がムダに長い人」、即解消3秘訣

「ダラダラ話で時間泥棒」する人、いませんか?

「話がついつい長くなり、端的に伝えられない」ときの解決法を紹介します(写真:よっし/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち12万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『話が長い』の解消法」について解説する。

海外でもあった「女性が入ると会議が長引く」発言

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の「女性が入ると会議が長引く」発言は、森会長の辞任という形でいったんの決着が図られようとしています。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

実は、2017年6月、アメリカのUber社の74歳の取締役会メンバーが「(女性役員が増えるということは)もっとおしゃべりが増えるということだ」とまったく同様の発言をし、大炎上したことがありました。この人は即日、「すべての責任を取る」と職を退いたのですが、それぐらいに「許されざる発言」だったわけです。

世界からの猛烈な批判を受けて、ようやくの退任となったわけですが、日本の女性活躍推進の機運に逆らう「致命的なミス」だったことを、ご本人や彼をかばう周囲の人々は、全く理解できていなかったのかもしれません。

そもそも、会議の席で「女性がよくしゃべる」というのは、事実とは真逆の「フェイクニュース」です。欧米の無数の学術的研究によって、仕事や公的な場において「男性のほうが、圧倒的に話が長い」ということが証明されています。そして、女性は、はるかに「男性によって話を遮られやすい」ことも問題視されてきました。

「なぜ、この発言が本質的に問題なのか」を掘り下げながら、日本人の多くが持つ「話が長い」という悩みの解消法について考えていきましょう。

次ページ発言の「本質的な問題」とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT