日本人が苦手な「叱り方」、一気に上達する5秘訣

意外に簡単!子供も部下も伸びる「王道スキル」

人材育成や子育てに役立つ「褒める」と「叱る」のベストバランスをご存じでしょうか(写真:shimi/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方:1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち9万部を突破するベストセラーになっている。コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「やる気が爆上がりする世界最高の叱り方」について解説する。

現代人は「正しく叱る力」が著しく低下している

新年早々の「子供も部下も育つ『一流のほめ方』、超簡単7秘訣」で「世界最高の褒め方」のコツについて紹介しました。

『世界最高の話し方:1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

たった7つの簡単テクニックで、部下や子どものやる気スイッチを自在に押すことができるわけですが、実際には「ただ褒めてばかり」とはいきません

人を育成するためには、「褒める」ばかりではなく、きちんと「叱り」、「間違いを正してもらう」ことも必要です。しかし、現代人の「正しく叱る力」は著しく低下しているようにも感じます。

口を開けば、「うざい」「〇〇ハラ」などと責められかねないとおびえ、「コミュレス」化する上司。地域や祖父母のサポートなどない子育て環境で、ついついイライラを子どもにぶつけ、怒ってしまう親……。

それもこれも、日本には「正しく叱る技術」が確立・普及していないことも一因かもしれません。

日本人は「なんとなく」「周りがやっているように」「その場の気分で」叱りがちですが、欧米では、コミュニケーションは「科学」で、多くの学者が研究し、その「解」を示している「学問」であり、一生を通じて学び続けるものです。日本では、コミュニケーションがまだまだ「前例」を通して学ぶ「慣習」でしかないのとは対照的です。

今回は、世界のエリートが実践する「世界最高の叱り方」について解説していきましょう。

次ページ「褒め方」「叱り方」にはバランスがある!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT