日本人が苦手な「叱り方」、一気に上達する5秘訣

意外に簡単!子供も部下も伸びる「王道スキル」

まずは、やってはいけない「叱り方のNGパターン」は次の5つです。

【3】「叱り方5大NG」をやめる
①ダメ出し:何に対してもとにかく否定ばかりする
②押しつけ:自分の意見を押しつける
③決めつけ:根拠なく、思い込む
④長々とした説教
⑤感情的に怒りをぶつける

「ダメ出し」「押しつけ」「決めつけ」あるいは「長々とした説教」……。どれも叱るときに、ついやりがちですが、一方的に自らの考えを押しつけ攻撃する行為は、相手を防御に追い込み、かたくなにさせてしまいます

「感情的に怒りをぶつける」というのも、私自身、ティーンエージャーの息子に時々、やってしまうのですが、「自分のむしゃくしゃやうさを晴らそうとしているだけだろう」とよく言われてしまいます。

「叱っている本人のため」ではなく、「叱られている当人のため」であることが、きっちりと伝わっていない限り、うまくはいきません

「その人のために叱っている」ことをきちんと伝える

【4】「あなたを信じ、あなたのことを思っている」ことを伝える

叱るときに大切なのは、相手に「『攻撃されている』という気持ちを抱かせない」こと。グラント教授によれば、次の「セリフ」を述べてから要件を伝えると、40%も効果が上がったそうです。

「今から言うことは、君に対しては非常に高い期待を持っているからだ。そして、君ならその期待に応えられると、私は信じている」

つまり、叱る相手に「あなたを信じ、あなたのことを思っている」ということをしっかりと理解してもらうことが大切だということです。

そもそも、人は自ら考え、自ら「気づき」を得なければ、本質的に変わることはできないもの。あなたがどんな正論を唱え、相手を攻撃したところで、あまり意味はありません。

それよりは上手に「質問」をしながら、相手に「問題」も「解決策」も自分で発見させるように仕向けるほうが、よほど効果的です。

次ページ入れるべき「4つの要素」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT