雑談が「マジ退屈な人」と面白い人、3大決定的差

初対面でも「あっという間に心がつながる」コツ

矛盾した話に聞こえるかもしれませんが、「話に自信があり、滔々(とうとう)と話したがる人」ほど、相手からすると「一方的に畳みかけてくるだけ」で、雑談としては盛り上がらないということです。

人は雑談でも、ついつい「自分の話」をしてしまいがちです。イギリスのある調査によると、人は会話の30~40%「自分の話」をしており、SNS上では80%が「自分の話」なのだとか。

「自分のことを話すとき、それが会話でも、ソーシャルメディア上でも、人はお金や食べ物、セックスと同じような快感を覚える」。ハーバード大学の神経学者が、こんな驚きの調査を発表しています。

被験者の脳を調べたところ、「自分のこと」を話すとき、食事やセックス、お金やドラッグによって分泌される「快楽ホルモン」であるドーパミン放出と関連する箇所が活発化するのが確認されました。

岡本純子さんのトークイベント『世界最高の話し方』1DAY講座を11/21(土)14時より天狼院書店「Esola池袋店」で実施します。オンラインでの参加も可能です。詳しくはこちら (画像:maruco/PIXTA)

「お金をもらうよりも、『自分の話』をすることを選ぶ人のほうが多かった」という実験さえあります。「あの人の話が止まらない」のには、こういう理由があるのです。

これを裏返すと、相手に「マイク」を渡し、話をさせて聞いてあげれば、相手を快楽ホルモンで包み込んであげられるということです。そんな人は無条件で好かれ、愛されます。

これはカラオケと同じです。自分が「マイク」を握ったままでは周りの人は興ざめでしょう。「マイク」を相手に渡して、「相手に気持ちよく歌ってもらう」ことができれば、結果として、雑談や会話はどんどん弾むのです。

「剛速球を投げる」より「キャッチボール」を続けよう

相手の話を聞きながら、「次に何を話そうか」と考えていませんか。その時点で、「聞く」ことより「話す」ことに意識がいっているということで、実は「アウト」。

「剛速球」を投げて「自分の力」を見せつけようとするよりも、「受け止めやすい球」で「キャッチボールを続けるコミュニケーション」のほうがお互い気持ちのいいやりとり、雑談になるものです。

つながりにくくなる世の中ではありますが、ちょっとしたノウハウとマインドセットで、自分を閉じ込める「独房」の壁や、盛り上がらない「雑談」にも、「大きな風穴」を簡単に空けることができるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT