初対面の雑談、「話が途切れない秘訣」とは?

営業、就活、合コン、すべて使えます。

会話が弾まない、あの恐怖から逃れる方法を伝授します!
みなさま、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。このたび、『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』を上梓いたしました。
私にとって初めての著書の発売を記念し、みなさんの「話し方」の悩みに回答する「話し方講座」を開講させていただくことになりました!
私が少人数制で実施している「グループレッスン」にも、毎回のようにビジネスパーソンの方からいろいろな相談が寄せられます。ぜひ、読者のみなさんも、こちらに悩みや質問をお寄せください。

 

第1回目は会議、プレゼンなど「人前でスラスラ話す3つの極意」を、第2回目は「『あの人、話が長い、つまらない……』がなくなる特効薬」、第3回目は「みんな苦手な『電話の会話』上達法」を取り上げました。

今回のご相談は、「初対面の相手との会話がギクシャクしてしまう」というお悩み。

損保会社で営業をされているOさんは、仕事柄、初対面の方との会話には慣れているかと思いきや、とても苦手で本当に悩んでいらっしゃるそうです。

【第4回目の相談】Oさん(32歳・男性・会社員)
損保会社で営業職に就いて10年経ちますが、初対面の相手とギクシャクしてしまうのが悩みです。
仕事の話をしているときは大丈夫なのですが、ちょっと間ができたときや、待ち時間など、いわゆる「雑談」ができないのです。特に相手が女性だと、本当に何も会話の糸口が見つからず、「しーん」となってしまうこともよくあります。
どうすれば、「初対面の相手」と上手に会話を続けることができますか?

 

プロアナウンサーによる「声と話し方」の教科書。プロがこっそりやっている「全スキル」を、初めて1冊にまとました

今回の相談相手Oさんに限らず、「初対面の相手との会話」が苦手な人は多いですよね。特にビジネス相手との「雑談」となると、なおさら難しいものです。

自分と同性、同年代ならまだ親しみを持って話をしやすいかもしれないけれど、異性で年齢差もあったりすると、本当に「何を話していいのだろう」と構えてしまう気持ち、よくわかります。

私も仕事柄、「初対面の相手」にインタビューすることは多いのですが、最初は失敗だらけ。相手が答えに詰まって沈黙してしまい、あわや「放送事故寸前」という事態も経験しました。

そうした「私の数々の失敗」から、「どうすれば『初対面の相手』とうまくスムーズに会話ができるのか」を模索し続けた結果、「3つの秘策」を見つけ出しました。

この「3つの秘策」さえあれば、「初対面の相手」ともスラスラ会話できちゃうこと、請け合いです!

次ページ聞くと逆効果!「悪い質問」って何?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT