初対面の雑談、「話が途切れない秘訣」とは?

営業、就活、合コン、すべて使えます。

りえ:Oさんは営業をなさっていて、仕事の話だと問題なく話ができるんですね?

Oさん:はい、そこまで口下手というわけではないのですが、「初対面の人との会話」は、いつまで経っても苦手です。何を話していいのかよくわからないし、いろいろ話そうとしても、うまく続かなくて。沈黙が怖いというのもありますし……。

りえ:初対面では、「どんな話題」を切り出すことが多いんですか?

Oさん:そうですね、天気の話とか……。「今日は暑いですね」とか。でもそれだと「そうですね」で終わってしまい、そのあと気まずい沈黙になってしまって(笑)。

りえ:わかります(笑)。私もさんざん経験しましたから。私からのアドバイスは3つあります。

ポイント1 「いい質問」「悪い質問」を知る

りえ:まずひとつめは、無理に自分からいろいろ話そうとせず「上手な質問力」を身に付けてほしい、ということです。

Oさん:「質問力」というと?

りえ:たとえば、「〇〇さんのお仕事は外回りが多いのですか?」とか「出張なんか多いのですか?」とか、相手の仕事の内容を聞くとか、です。

Oさん:確かに、「自分からいろいろ話をしなくては」と焦るより、質問をして相手に話してもらったほうが、打ち解けやすいですよね。

りえ:そうですね。そのとき大切なのは、「いい質問」と「ダメな質問」があるので、そこは注意をすることですね。

Oさん:「何でも質問すればいい」というわけではない、と。

りえ:ええ。たとえば、初対面の相手に「住んでいる場所」や「家族のこと」、あるいは「子どもの有無」などは、聞かれたくない人もいるので、避けたほうが無難ですね。

Oさん:確かに、「聞かれたくない質問」をしたら、逆効果ですよね。では「いい質問」というのは?

りえ:たとえば、「相手の持ち物への質問」は、無難でかつ使い勝手がいいですよね。

Oさん:仕事相手だと、「名刺」や「文房具」、あとは「カバン」とかですか?

りえ:そうです。相手の持ち物を観察して「この名刺のデザイン、すてきですね。ご自分でお考えになったのですか?」とか「万年筆をお使いなんですね。万年筆を使いこなせるっていいですね」などなど。

Oさん:「持ち物ネタ」は便利そうですね。おしゃれな人には「服装」を褒めるのも、相手が喜びそうですね。

りえ:まさにそのとおりで、このとき「ちょっと褒めて返す」というのがポイントなんです。

次ページ会話が続く「鉄壁の法則」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT