日常会話、たった1日で「話上手になる」秘訣は

「盛り上げ方」「上手な聞き方」すべて教えます

「話し下手」を直す、5つの秘訣とは!?
みなさま、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。私の初の著作である『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』がおかげさまでベストセラーとなっています。これもすべて応援してくださったみなさまのおかげです。心から御礼申し上げます。
さて、みなさまの話し方の悩みに回答させていただくこの連載も、5回目を迎えました。こちらもありがたいことに多くのお悩みが寄せられています。「話し方」や「声」のお悩みをお持ちお方は、気軽にこちらに悩みや質問をお寄せください。

 

さて、5回目はこの連載初の女性の方からのご相談です。

【5回目の相談】 Iさん(年齢?歳 女性)
大人になってから、ここ最近は特に話し下手で悩んでいます。4人くらいの会話でも、発言できませんし、ずっと聞き手側です。話を振られてもうまく答えられず、すぐ会話が終わってしまいます。
外国人のように、人を引き付ける話し方はどのように習得できるのでしょうか?

 

プロアナウンサーによる「声と話し方」の教科書。プロがこっそりやっている「全スキル」を、初めて1冊にまとました

「話し下手」で悩んでいらっしゃるとのこと。数人で輪になって話すときも、上手に発言できず、ずっと聞き役で終わってしまうそうです。友人との会話、同僚との会話などの「日常会話」で、こういうことってよくありますよね。

実は私自身、Iさんの気持ちがとてもよくわかるんです。と言うのもアナウンサーという職業も、仕事柄「聞き手」に回る機会が多く、「自分の意見を発言する」ことって意外と少ないんですね。

意見を聞かれても「聞き手からしゃべり手」への切り替えがパッと上手にできないことが、私自身、少なからずありました。そんな私が試行錯誤の末に見つけた「5つのポイント」があります。

それをご紹介しましょう!

次ページ「声を出す」練習で、会話も上手くなる!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT