ほとんどの上司の話が絶望的に退屈な理由

リーダーのコミュ力は、会社の命運も分ける

話が長い上司に困っていませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)

あなたの上司やトップのコミュニケーションにこんな特徴はないだろうか。

1. 話が長い。
2. 結局、何が言いたいかわからない。
3. 結局、言うことが何も心に残らない。
4. 講演やプレゼンの場で原稿を棒読みする。
5. 「革新」「挑戦」などの抽象的な言葉が多い。
6. 話が聞き取りづらい。
7. 自慢話・手柄話が多い。
8. 自分の言いたいことを一方的に話す。
9. 何はともあれ、死ぬほど退屈。
10. 「伝えよう」という熱意を感じない。

「コミュ力欠乏症候群」の上司という不幸

上記の10の項目のうち、3つ以上当てはまっていたら、あなたのリーダーは「コミュ力欠乏症候群」にかかっている可能性がある。「うちの社長の話、つまんね~な~」。日頃、こう感じている読者の方は少なくないのではないだろうか。はっきり言おう。社長、学長、院長、理事長、市長、町長、委員長…。日本の組織のリーダーと言われる方々の話は98%、絶望的につまらない。

経済記者時代、PRコンサルタント時代を通じて、数えきれないほどのリーダーの方々に会い、話をする機会に恵まれた。その中で、強く感じてきたことは、トップのコミュ力と企業の成長力は密接にリンクするのではないか」ということだ。コミュ力といっても、メディアの前などで派手にパフォーマンスを繰り広げることではない。取引先や消費者、社員などにきっちり自分の思いを伝え、鼓舞し、魅了し、説得する力のことだ。

次ページコミュニケーションができない人は上司になるな
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。