任天堂「岩田聡の死」を世界が深く悲しむ理由

常にファンの目線で語った稀有な経営者

2006年6月、京都本社において、新製品である「Wii」について説明をする岩田聡・元社長。根っからのゲーマーだった(撮影:尾形文繁)

「例えば、あなたがどんなにその会社の製品が好きだったとしても、CEOが亡くなったところで、普通、悲しむことはないだろう。でも、Iwataの死は全く違う」(Metro)

「彼はテクノロジー業界の中で最も尊敬され、最も影響を与えた経営者だ」(The Huffington Post)

「Iwataは世界の中でも最も思いやりにあふれ、最も思い入れを持ったCEOであり、真に卓越した人格の持ち主だった」(同)

「Satoru Iwataは最も優れたCEO」(The Verge)

「Iwataはエンターテイメントの世界を永遠に変えた」(The Hollywood Reporter)

世界の隅々から寄せられる悲しみの声

今月11日の任天堂・岩田聡社長死去のニュースを受けて、海外メディアやネットは、世界中のジャーナリストやファンからの哀悼の言葉であふれかえっている。驚くのはその多さだけではない。スティーブ・ジョブズとまではいかないまでも、それに近い「カリスマの死」といった受けとめられ方や、まさに世界の隅々から寄せられる悲しみの声は、日本という舞台を超え、グローバルリーダとして稀有な存在感を発揮した彼の功績を示すものと言えるだろう。

次ページ追悼記事には個人的な思い出や悲しみの声が続々
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。