超一流の人は雑談の「姿勢」からして違う

自分の土俵にあげてしまう驚きのテクニック

雑談上手な人は何が違うのか(Ushio/PIXTA)
取引先との会話が苦痛、信頼関係を勝ち得るどころか、足を運ぶたびに煙たがられる──。そんなお悩み解消に38の雑談テクニックを伝授する。一方、別に雑談に困ってなどいないという人には、灯台下暗し的な発見と出合える、いい機会を提供してくれるかもしれない。実のある雑談とは何なのか。「超一流の雑談力」を執筆した安田正氏に話を聞いた。

仕事は結局、人間関係

──正直、雑談に技術なんているの? と侮ってましたが、読み終わる頃には付箋だらけになってました。

もともと某大手企業の社長から、雑談ができなくて全然契約取れない連中がいるんだけど、何とかならない?と相談されたのが本を書くきっかけでした。営業先で雑談できないと人間関係ができない。人間関係ができないから売れない。そこで研修を引き受けたのですが、正確な商品説明をした人より、自分を受け止めてもらうことに成功した人の営業成績が3倍くらいに上がったんです。

飛び込み営業しても、「シッシ」と追い払われるのが常。第一印象がよくないと雑談にさえ入れない。人は初対面の相手を最初の2秒で値踏みする、という研究結果があります。つまり雑談できるかどうか最初の2秒で決まっちゃう。意識して口角を上げ、ドレミファソラシドのファかソくらいの声の高さが親しみやすく心地いい。これができてない人が案外多いんです。入り際でいい印象を与え、雑談で共感を得られると、人間関係がすごく変わる。仕事なんて突き詰めれば人間関係ですよね。

──雑談にも目的とプランが必要なのですか?

本題へ持っていくために、雑談でいかに効率よく、面白く周辺情報を共有するか。いい人間関係を作れば、本題の話を深めることもできる。

雑談には二つあって、一つは目的も意味もない話。でも僕が言う雑談は目的を持った雑談です。人との距離を縮める、信頼関係を築く、自分の話に興味を持ってもらう、そんな目的をかなえるための雑談です。

相手が置かれた状況を知るとか、今日はこれを伝えたいとか、目的に向かって話をうまく拾いつなげていく。僕らビジネスパーソンにとって雑談力は死活問題。何でもいいから話をしてみようという雑談術とは本質的に違うし、よりシリアスです。

次ページ話をうまく広げる聞き方とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT