最新!これが人気のビジネス・経済書200冊だ

トップは2週連続で「ゴリラの冷や汗」

夏にふさわしい本とは?(写真:しげぱぱ / PIXTA)

毎週おなじみ、アマゾンの週間ベストセラーランキング(ビジネス・経済書)をお届けする。今回は6月28~7月4日の7日間が対象だ。

2週連続で夜間飛行の「ゴリラの冷や汗」がトップに輝いた。テレビ東京系「ガイアの夜明け」(2015年6月23日放送分「快進撃スーパーの裏側 驚きの人材力!」)で紹介されたことによる勢いが長く続いている。

 

6月28~7月4日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊

 
1 ゴリラの冷や汗  Team GATHER Project
2 「学力」の経済学  中室 牧子
3 シンプルに考える  森川亮
4 HARD THINGS  ベン・ホロウィッツ
5 新・観光立国論  デービッド アトキンソン
6 儲ける社長のPDCAのまわし方  小山 昇
7 超一流の雑談力  安田 正
8 世界のトップを10秒で納得させる資料の法則  三木 雄信
9 チームの力: 構造構成主義による”新”組織論  西條 剛央
10 幼児教育の経済学  ジェームズ・J・ヘックマン
11 とにかく妻を社長にしなさい  坂下 仁
12 ザ・プラットフォーム  尾原 和啓
13 限界はあなたの頭の中にしかない  ジェイ・エイブラハム
14 あえて、レールから外れる。逆転の仕事論  堀江 貴文
15 伝え方が9割  佐々木 圭一
16 エッセンシャル思考  グレッグ・マキューン
17 あなたは何も隠せない  ジェームズ・O・パイル
17 トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術  浅田すぐる
19 ドラッカー理論で読み解く 成功する起業家の条件  安田輝久
20 結果を出す男は「飲み会」で何をしているのか?  戸賀 敬城
 
次ページまずはトップ50冊
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT