最新!「ビジネス・経済書」売れ筋ランキング

トップに輝いたのは「教育」に関する書籍

最新売れ筋200冊を発表!(写真:Taka / PIXTA)

毎週おなじみ、アマゾンの週間ベストセラーランキング(ビジネス・経済書)をお届けする。今回は7月5~7月11日の7日間が対象。トップに輝いたのは教育経済学者の中室牧子氏の『「学力」の経済学』だ。

教育経済学とは、データに基づき教育を経済学的な手法で分析する学問。これまでに「成功する教育・子育て」についてさまざまな知見を積み上げてきた。

教育経済学が蓄積してきた知見は、いわゆる「カリスマ教育評論家」や「子育てに成功した親」が個人の経験から述べる意見よりも科学的で客観的なものだという。「ゲームが子どもに与える影響」から「少人数学級の効果」まで、「思い込み」で語られることが多い教育効果を、科学的根拠から解き明かしたのが本書である。

7月5~7月11日のアマゾン(ビジネス・経済)トップ20冊■ 

1 「学力」の経済学  中室 牧子
2 「ちょっとできる人」がやっている仕事のコツ50   井上 幸葉
3 ゴリラの冷や汗  Team GATHER Project
4 シンプルに考える  森川亮
5 新・観光立国論  デービッド アトキンソン
6 鈴木さんにも分かるネットの未来   川上 量生
7 ワーク・ルールズ!  ラズロ・ボック
8 幼児教育の経済学  ジェームズ・J・ヘックマン
9 超一流の雑談力  安田 正
10 HARD THINGS  ベン・ホロウィッツ
11 ザ・プラットフォーム  尾原 和啓
12 メンバーの才能を開花させる技法  リズ・ワイズマン
12 日経平均2万5000円超え時代の日本経済  長谷川 慶太郎
14 出世する部長の仕事  安藤 浩之
14 エッセンシャル思考  グレッグ・マキューン
16 不動産投資は地方に一棟買うことからはじめなさい!!  竹居 百合子
17 チームの力  西條 剛央
18 「外資系エグゼクティブ」の働き方 フラナガン 裕美子
19 アンガーマネジメント 怒らない伝え方 戸田 久実
20 リファーラルマーケティング  アイヴァン・マイズナー
 
次ページまずはトップ50冊
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。