年俸165億円男ニケシュが「ガンバルロー!」

ソフトバンク4000人の社員大会で咆哮した

(撮影:尾形文繁)

6月19日午後3時、東京国際フォーラム。4000人を超すソフトバンク幹部社員が長大な列をつくり、続々と入場した。社員たちの表情は例年の社員大会より、真剣に見えた。

それに先立つ総会ではニケシュ・アローラのソフトバンクグループ(旧ソフトバンク)取締役就任が正式に承認された。世界トップのインターネット企業グーグルで最高事業責任者をつとめたニケシュ・アローラ(47)を孫社長の後継者候補として迎え入れ、代表取締役副社長としたのだ。報酬は165億円と発表された。

その株主総会で、長い間、孫社長の右腕として事業を運営してきた宮内謙代表取締役副社長が「取締役」となった。これはどういう意味を持つのか。

越王句践にあらず

参謀が語るソフトバンク怒濤の8年間の「正史」。画像をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

中国の春秋時代、臥薪嘗胆で知られる越王句践が呉王夫差を破ったあとのことである。句践の参謀だった「范蠡(はんれい)」が越王句践の目標達成後の行動を「蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる」と予測した。

「飛んでいる鳥を射尽くしてしまうといい弓も蔵にしまわれ、獲物であるすばしこい兎が死んでしまうと猟犬は用がなくなり煮て食べられる」。

事が成ってしまうとそれまで役に立っていたものは必要なくなるという意味である。

国内通信事業中心のソフトバンク1.0でNTTドコモを抜くという目標を果たすことができた。これからは、世界へ羽ばたくソフトバンク2.0へフェーズは変わった。幹部社員が「范蠡」と似た感想を持ったことは否定できない。

次ページまったくの見当違いだった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。