"人脈作りの達人"が「コミュ3鉄則」を伝授!

こうやって「恥ずかしがりや」を克服しよう

恥ずかしがりやを克服するコミュ術をマスターしよう(写真:xiangtao / PIXTA)

知らない人と話すのは恥ずかしい、緊張する、という人は少なくないかもしれない。かくいう筆者も、(こう言うとたいてい驚かれるが)実は恥ずかしがりやである。仕事になると不思議と誰とでも話せるのだが、プライベートな場面で見知らぬ人と話すのが大の苦手なのだ。だから、美容院や普段買い物に行くお店での何気ない会話や、パーティーや異業種交流会といった場で、知らない人に話しかけるのが本当に苦痛だった。

しかし、新しい人脈作りはビジネスの基本でもある。そこで今回は、ニューヨーク随一のコネづくりの達人であり“最強のネットワーカー”と言われるジョン・レビーさんに弟子入りし、その秘密に迫ってみることにした。

米国民の半数はShy(恥ずかしがりや)

(写真:wavebreakmedia/PIXTA)

コネ社会と言われる日本だが、米国は実はそれ以上の人脈至上主義の国でもある。転職を頻繁に繰り返す人が多いこともあり、さまざまな異業種交流会、パーティや「ミートアップ」と言われる出会いの場にこまめに顔を出し、せっせと人脈作りにいそしむ人がとても多い。一般的な日本人からすると、米国人は皆、積極的で話し上手に思えるのだが、実は国民の40~50%が自分を「Shy (=恥ずかしがりや、内気、臆病)」と考えているという調査もある。

次ページなぜ「恥ずかしがりや」になってしまうのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。