絶対使える!「おもてなし英語」のリアル

事件は現場で起きている!?

おカネのことって、ひと昔前の日本人的感覚だとなんとなく聞きづらかったりするのですが、たとえ数百円でもそこは遠慮なくズバッと聞きます。契約社会ですからね。さすがです。店員さん、うろたえることもなく

There is a small charge, but please see it as kind of a table fee. 少額の料金がかかりますが、テーブルチャージの一種だと思ってください

と、こちらもスラスラ説明していました。

アメリカ人たちも「いらない」と騒ぐこともなく、納得した様子。なんだ、英語が上手に話せる店員さんもいるではないですか。このアメリカ人たちもすんなり納得して、潔い。美しい光景です。昔、「絶対に払わないし、絶対に食わない」と最後まで言い張った外国人の同僚がいて、面倒なので筆者がI’ll eat it and pay, okay?(オレが食って払う、それで文句ないだろ?)と言ったこともあったのですが……。

料理の説明はむずかしい!

「これでひと安心」と横で安堵しながら、自分の飲み物を注文する気満々の筆者。気分は麦焼酎! Come on, Tenin-san!(店員さん、早く!)

ところが、すぐにアメリカ人のひとりがお通しをのぞき込んで店員に質問します。What’s this dish?(これ、何の料理?)。そりゃあ、そうですよね。知らないものを口にするのは怖いですもんね。確認したくなりますよ。

筆者の注文は、もうしばらく「おあずけ」の様子です。すると店員さん、少し考えながら

△ It’s called nuta……it’s today’s starter. (「ぬた」という料理で……今日のお通しです)

と答えます。うーん、惜しい。英語は間違ってないけれど、ぜんぜん料理の説明になってない! このアメリカ人たち、きっと「ぬた」を見たのは生まれて初めて。とにかく、材料が何なのかだけでも言ってあげないと。そんな説明では口には運んでくれないですよ。

心の中で「とりあえず、入っているものを言ってしまえばいい! がんばれ! がんばれ!」と応援する筆者。ちらっと見るとイカの入ったネギぬたでした。「イカとネギ! イカとネギ! Squid and scallions!(イカとネギ!)Green onions(ネギ)でもOK!」と念じてみました(伝わるはずもないのですが……)。

でも、残念ながらその店員さん、イカとネギを英語で何と言うのか知らないみたいです。そして沈黙……。

筆者は聞き耳を立てながらも、隣のテーブルには視線を送らないようにしましたが、嫌な予感。すると予想どおり、アメリカ人のひとりがこちらに向かって話しかけてきました。

Excuse me! Can you help us again? (すみません! またちょっといいですか)

次ページいいから、とりあえず食べてみろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。