もっと通じる!英語で「論理的」に話すコツ

結論を先に言う、それだけではダメ

プレゼンやディスカッションなどに役に立つポイントとは(写真 : sidelniikov / PIXTA)

筆者が英語を教える研修生と英語で話していると、たまに相手の言いたいことがよくわからないことがあります。文法的に間違いもなく、発音も上手なのに、うまく伝わらないというのはもどかしいものですね。

英語では、論理的に相手にわかりやすく話すためには知っておかなければならないルールがあり、これを知らずに日本語のルールで話すと、とてもわかりづらくなってしまう可能性があるのです。

今回はプレゼンテーションやディスカッションなどにも役に立つ、英語のロジックについてお話しいたします。英語のスピーキング試験の対策としても大切なポイントですので、ぜひ参考にしてください。

まずは結論を先に述べる

この連載の一覧はこちら

すでにご存じの方も多いと思いますが、英語では先に「結論」を述べるのが、一般的な論理の展開方法です。最近では日本語でも「ビジネスでは結論から述べる」とか「プレゼンテーションは結論を先に」という話もよく聞きますので、それほど耳慣れないことではないはず。

いまさら、「えー、起承転結ではダメなんですね!」なんてビックリする人はいないでしょう。でも、英語で話していると、「起承転結」とまではいかないまでも、結論を最後にもってくる人はいまだによく見かけます。

次ページハナコさんの回答例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT