簡単!英語でも身につけたい「最強の雑談力」

「スモールトーク」上達にはコツがある

ちょっとしたコツを押さえて、円滑なコミュニケーションを(写真:msv / PIXTA)

That’s a nice tie you’re wearing! It really matches your suit. (いいネクタイね!スーツにピッタリよ)

研修で訪れたとある外資系企業のエレベーター。アメリカ人と思しき女性が、筆者に話しかけてきました。もちろん知らない方です。そこから、その女性が18階で降りるまでの1~2分、なんとなく服の話をしました。

こうしたたわいのない雑談や世間話をスモールトークと言いますが、英語圏ではこうした機会がたくさんあります。パーティで会った人や、イベントでたまたま隣り合わせた人、列で待っているときに前後にいた人などと当たり障りのない話をよくするのです。今回はこのスモールトークのコツをご紹介しましょう。これは知人との雑談にも応用できますので、覚えておくととても便利だと思いますよ。

服装を褒める

この連載の一覧はこちら

日本の都会で暮らしていると、こんな風に知らない人に声をかけられたり、声をかけたりする機会はあまりないかもしれません。筆者だけかもしれませんが、東京で話しかけてくる他人は、怪しげな客引きか、新卒の路上名刺交換くらいです。最近では、同じマンションの住人にあいさつをするだけでも物議を醸すくらいですから、見知らぬ人の服を褒めるなんて!と思うかもしれません。

でも、それは日本の感覚。英語圏では「そっけない人」とがっかりされかねませんので、思い切って話しかけてみましょう。

話しかけるきっかけとしては、やはりこうした服装や持ち物、それから天候の話が一般的です。知り合いのパーティなどは別として、特に名乗る必要がない場合のスモールトークでしたら、こういった話題がいちばん自然でしょう。

相手の服装や持ち物についてのコメントは、(That’s a/Those are) nice ~I like/love ~ のようにシンプルに言うことができます。

Nice watch! 時計、カッコいいね!
That’s a really nice suit. そのスーツ、超いいですね
I love the color of your tie.素敵な色のネクタイね
I really like your glasses. すごくいい眼鏡だね
次ページ基本的には何を褒めてもよい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT