読むニュースでバレる「超二流の人」の共通点

「スマホの履歴」に、頭の悪さは全部出ます

「読むニュースの中身」を見るだけで、その人のどんな二流の欠陥がわかってしまうのでしょうか(写真 :siro46 / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも20万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

あなたにとって「今年の重大ニュース」は何?

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「ベッキー、ASKA、SMAP……今年振り返った最大ニュースが、これかーい!!」

毎年12月になると「今年の10大ニュース」がメディアで話題になるが、悲しいかな、ここで登場するニュースはたいてい、あらゆる軸でみて、どうでもいいニュースばかりである。

「不倫ネタ」や「結婚・離婚ネタ」を中心に、往々にして多くの人の記憶に残っている重大ニュースはメディアに取り上げられた芸能ニュースばかりで、社会的な重要性をまったく反映していないことが少なくない。

しかしながら、二流の人ほど、日頃からスマホやパソコンで、こういう芸能ニュースばかり見て、「〇〇が不倫してたんだって」などと話に花を咲かせるのだ。

「学歴やIQ」と「仕事能力」は関係ない。普段読むニュース、1年を振り返ったときに頭に浮かぶ重大ニュースの中身を見ただけでも、その人の本質がものの見事にあらわれてしまうものだ。

では、「読むニュースの中身」を見るだけで、その人のどんな二流の欠陥がわかるのか。「その人が頭に浮かべる今年の重大ニュース」でバレてしまう、恥ずかしい人間的欠陥とは何なのか。さっそく紹介していこう。

次ページあなたは「娯楽」にしか興味のない人?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT