Facebookでバレる「嫌われる人」の3大欠点

友達申請に「二流の本質」は全部、出ます

SNSの「友達申請」に困ったことはありませんか?(写真 : Ushico / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて22万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも19万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「友達申請」で迷惑していませんか?

ムーギー・キム氏が2年半かけて書き下ろした「働き方」の教科書。一流の「基本」「自己管理」「心構え」「リーダーシップ」「自己実現」すべてが、この1冊で学べます。書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

「うわー、また恐ろしいフェイスブック申請がきた! 俺の私生活、丸裸やっちゅーねーん!!」

フェイスブックのおかげでさまざまな人との接点を持ちやすくなった反面、あまりにもさまざまな人から「友達申請」が来て困惑している人も多いのではなかろうか。

たとえば私の場合、著作や記事を発表するたび、あるいは会合に出るたびに、ありがたいことに多方面からフェイスブックの友達申請をいただく。

しかし、基本的にプライベートで会ったことのある仕事や学校関係の友人でなければ、さすがに恐ろしい。

そこでプライベートのアカウントではなく、仕事用公式アカウントをもっている人も多いものだ。ところがなかには、それでも承認するのが恐ろしくなる、さまざまな「二流のフェイスブック申請」が世の中に横行している。

「学歴や頭のIQ」と、仕事ができるかどうかの「仕事のIQ」は関係ない。フェイスブックの使い方ひとつ、特に友達申請の仕方ひとつに「二流の人の恥ずかしい習慣」はもろにあらわれてしまうものだ。

それでは、フェイスブックの友達申請の仕方ひとつに、二流の人のどんな人間的欠陥があらわれるのか。たかだか1回の友達申請で、どのような恥ずかしい欠点がバレてしまうのか。早速、紹介していきたい。

次ページ私が受けた「驚きの友達申請」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT