部下に全部バレる「二流すぎる上司」の3欠点

「まわりを不幸にする管理職」はこんな人です

世の中にはびこる「二流の上司」はいったい、どのような人たちなのか?(写真:wavebreakmedia / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも20万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、すごすぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

みんな、二流の上司に苦しんでる!

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「うわー、みんな、上司に対して怒っとる! そんなにみんな、二流の上司に苦しんどるんかい~!!」

これは、私のところに数多く寄せられる「あなたが目撃した、二流の上司の特徴」についての読者の声を読んだ感想である。

「一流の上司の特徴」については、「そんな上司はいない」という声を除いて、ほとんど皆無である。これに対し、読者の皆様は、ほぼすべての時間とエネルギーを「二流の上司の特徴」を告発することに費やしてらっしゃるのだ。

思えば、世の中には「上司になるトレーニング」を受けずに、いきなり上司になる人がほとんどだ。年功序列で、マネジメント能力も心構えもまったくできていないのにいきなり上司になる人もいれば、海外に赴任していきなり現地の社員20人の上司になり、大困惑する人もいる。

そして、自分自身の上司が二流だった場合、その「一流になれないDNA」が見事に伝播し、二流の管理職だらけの恐ろしい会社に転落してしまうのだ。

では、世の中にはびこる「二流の上司」はいったい、どのような人たちなのか? どんな行動によって、上司としての「底抜けの二流ぶり」がバレてしまっているのか? 読者から届いた「二流の上司」にまつわる声とあわせて早速、紹介していこう。

次ページ「部下の成果」を横取りしてませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。