部下に全部バレる「二流すぎる上司」の3欠点

「まわりを不幸にする管理職」はこんな人です

ここまで、恥ずべき二流の上司の実態を書き綴ってきた。では、「一流の上司のあり方」とは、どんなものなのか? 以下、「一流の上司」の基本を3つに絞って書き綴ろう。

部下の成長をサポートしていますか?

【1】高い目標を掲げ、部下を上手にモチベートする

まず一流の上司ほど、明確なビジョンを掲げて、ゴールを共有したうえで、きちんと部下に仕事を割り振る。

間違っても、「とにかく何かいい仕事をやってね」などという、「一見自主放任に見えて、たんなる手抜きと責任放棄」という仕事の丸投げは絶対にしない。

皆がついてくるようなビジョンを描けず、それに必要な人材も調達できず、各自をモチベートできないなら、役職が上司というだけで、実質は「二流のお荷物上司」に転落してしまっているのである。

【2】部下の仕事をきちんと評価する

次に、一流の上司の役割として大切なのが、部下の仕事をきちんと評価するという「信頼性の高い評価機能」だ。

一流の上司ほど、目立たないが重要な貢献をした部下の仕事にも光を当てて、きちんと評価する。たとえそれが、形式的に思われて皆に嫌がられるコンプライアンストレーニングであろうと、社員がブーブー不満を言っていても、そういった裏方作業の社員をきちんと評価し、励ますのだ。

組織の成果に責任をもつ者として、「部下の仕事の正当な評価」が一流の上司の責務であることは、いくら強調しても強調しすぎることはない。

【3】公私にわたって、部下の成長をサポートする

最後に強調したいのが、一流の上司ほど「公私にわたって、部下の成長をサポートする」ということである。

私が世界中の職場で働いてきて感じるのは、「人材の公私における成長にコミットする」というのは、世界中、規模や歴史を問わず、一流の組織がこだわっている企業文化である。

部下が仕事漬けになっていたら、人生の優先順位を見失わないようにそっとアドバイスするし、仕事に悩んでいたら、食事に誘うなどしてうまく相談に乗る。部下がビジネスパーソンとしても人間としても成長するよう、公私にわたって手助けするのだ。

もちろん、まったく信頼も尊敬もしていない上司にプライベートで食事に誘われたら、それは立派にパワハラである。そうならないように、常日頃から「この上司は自分の自己実現を助けようとしてくれている」「自分の市場価値を上げようとしてくれている」という信頼関係を築いていることが、一流の上司の基本なのである。

部下の成長を顧みず、部下の成果を横取りし、自信もないのに空威張りしているようでは、恥ずかしい恥ずかしい「二流の上司」に転落してしまっていることを、顔を真っ赤に赤らめて、猛省しなければならないのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT