読むニュースでバレる「超二流の人」の共通点 「スマホの履歴」に、頭の悪さは全部出ます

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小

ここまで、今年話題になったニュースを中心に、読むニュースでバレる「二流の特徴」を書き綴ってきた。それでは、一流の人ほど、どんなニュースに注目しているのか。ニュースのどんな面に注目しているのか。ポイントを3つに絞って紹介しよう。

1.他人やメディアが注目していない「重要ニュース」を考える

どの人も、仕事や生活にかかわる「自分にとって重要なニュース」に注目するのは当然だが、一流の人ほど、他人やメディアに押し付けられたトピックではなく、自分自身の問題意識と価値観に基づいて、主体的に重要ニュースを選択できるものだ。

たとえば、ニュースキュレーションメディアで、他人がたくさんコメントしている記事にだけ一生懸命コメントしたり、世の中の話題になっている、「某芸能人がコカインをやって引退した」「某実業家が男装の恋人と一緒にいた」といった、ニュースサイトのトップに表示される大衆トピックを受動的に受け取るだけでは、主体的な情報収集および情報発信など、永遠に不可能なのである。

2.「ニュースのポジティブな面」に目を向ける

二流の人ほど「他人の不幸」を蜜の味にしがちなのに対し、一流の人は、世の中の「ポジティブなニュース」や「ひとつのニュースのポジティブな面」にも目を向けるものである。

たとえば、今年起こった10の素晴らしいニュースを考えてみてはいかがか。また、自分が行った10の善行を振り返ってみるのも、あなたの自己評価を高め、「セロトニン」を大いに分泌させることであろう。

メディアが「社会のさまざまな、劇的に不幸な面」を強調していても、自分だけは、社会および自分自身のポジティブなニュースにもバランスよく注目することが大切なのだ。

3.「ニュースを深く読む教養」を読書で身につける

最後に、二流の人ほど「自分の専門分野にしか関心がなく、視野が狭い」という点を指摘したが、一流の人ほど、専門分野の垣根を越えて、つねに「良質の読書」で視野を広げ、教養を深めている

ニュースを読み解く幅広い視点や洞察力を得るのにいちばんいい方法は、「良質の読書」この一点に尽きる。今年もさまざまな業界の一流のリーダーに幼少期からの生活習慣で最も重視していることをインタビューしたが、ご多分に漏れず、みなさん大変な読書家であった。

二流の人がケータイで芸能人の不幸ニュースばかり見て大喜びしている間に、私たちは自分が主体的に選んだ10大ニュースや、社会にとっても自分にとってもポジティブなニュースを忘れることなく、良質な読書を通して1年を振り返る年末年始にしたいものである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT