「英語を聴ける人」がコッソリやってる練習法

今年こそ上達!「ものまねメソッド」のすすめ

今年こそ「聴き取れる」ようになりたいなら、この練習をしてみてください!(写真:Fast&Slow / PIXTA)
これからは、英語が不可欠だ。
そう言われ始めてから、はたしてどれくらいの時間が経っただろうか。会社からTOEIC受験を強制され、嫌々勉強しているビジネスパーソンも多いはずだ。しかし、「英語を使いこなせる日本人」は、なぜいまだにこれほど少ないのだろうか。
大前研一監修、ビジネス・ブレークスルー大学編の新刊『プロフェッショナル イングリッシュ』が刊行され、12月2日には刊行記念イベントが行われた。執筆者のひとりである花田徹也氏が紹介した、最強の「リスニング・トレーニング方法」の概要を紹介する。

 

『プロフェッショナル イングリッシュ』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

英語を苦手としている方の中には、ネイティブの言っていることがわからない、すなわち、リスニングが不得意な方も少なくないと思います。

言葉によるコミュニケーションは、キャッチボールにたとえることができます。いわずもがなですが、キャッチボールは相手の投げてくるボールを「キャッチ」できなければ成立しません。つまり相手の言っていることがわからなければ、コミュニケーションは成り立ちようがないのです。

ネイティブスピーカーというのは、野球にたとえるとメジャーリーガーです。たとえ、彼らが私たちのことを慮ってゆっくり投げてくる英語でも、私たちにとってはものすごい剛速球に感じられるはずです。残念ながら、彼らはそれ以上ゆっくり話すことができないので、ネイティブスピーカーがナチュラルに話す英語をそのままのスピードできちんと聴き取れるように、私たち自身がならなくてはいけないのです。

リスニングを苦手にしている方には、少々腰の引けてしまう話かもしれませんが、効果抜群の練習方法があるので、ご紹介したいと思います。

次ページ聞き流しではネイティブの音は聞けるようにはならない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT