日本人はこの国の真の価値に気付いていない

ニューヨークの漫画家が感じる日本の強み

日本はホントにクールなの? ミサコ・ロックスが語る日本らしさとは

芸能、アート、農業、ファッション、音楽、ITなど、さまざまなグラウンドで活躍するリーダーに取材する「熱中ニッポン」。vol.7は、ニューヨーク在住の漫画家ミサコ・ロックスさんにインタビュー。

現在は日本とニューヨークを往復しながら、漫画家とモチベーショナルスピーカーという二足のわらじで活躍の幅を広げているミサコさん。ニューヨークに住んでいる漫画家のミサコさんから見て、訪日インバウンドブームや「クールジャパン」はどう見えるのか、率直な意見を聴いてみました。「失敗こそ宝の山」と語る、波瀾万丈なミサコさんの人生観にも注目です。

日本に戻ると感じる”違和感”

この記事はDiGJAPAN!(運営:昭文社)の提供記事です

――普段はニューヨークのブルックリンに住んでいるミサコさんですが、久しぶりに日本に来て感じたことはありますか?

日本は3カ月ぶり。去年は1年に4回来ていますから、日本とニューヨークを行ったり来たりといった感じですね。ただ、基本的にはニューヨークに住んでいてアメリカのルールの中で生活していますから、久しぶりに日本に来ると、道路にゴミ捨てないとか、街がきれいでみんなマナーを守っているところとか、やっぱりすごいなって思いますね。日本人はそれが普通だと思うでしょうけど、ニューヨーク基準で見れば街が安全で常にきれいということは本当にすごいことなんですよ。

ただ、ニューヨークから日本に時々戻る私から見ると、最近、日本が少し変わってきているように思えます。何となくですが、日本人が心の扉を閉ざしているような感覚を持つことが増えてきました。例えば、久しぶりに東京の地下鉄に乗った時の話ですが、これも日本人には当たり前かもしれないけど、みんながスマホ見ているのにすごくビックリした! 以前から携帯や本を見ている人はいたけど、今は「全員か!」って言うくらい、スマホいじっている車内の光景にはちょっとあぜんとしてしまいましたね。スマホ見ていてお年寄りに電車の席をゆずらない人とか、スマホに夢中でぶつかったときに謝らない人が増えたような気もします。スマホは便利だけど、そうした電車の光景は見ていてなんだか残念だなって気がしたんです。

次ページほかにも感じる違和感は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。