日本の「食のおもてなし」、実は"超一方的"だ

ベジタリアンは日本での食事に困っている

和食は見た目にも美しく、ヘルシーなのだが・・・(写真:Kappaの旦那/PIXTA)

2016年が始まってからはや3週間が経過しましたが、皆さん、いかがお過ごしですか。年末年始に食べ過ぎて、年明けからダイエットに目覚めた人もいると思いますが、早い人だとすでにあきらめモードに入っているかもしれません。

実は年明けにダイエットや食生活の見直しに目覚めるのは、ニューヨーカーも同じです。というのも、こちらではクリスマス休暇中に、肉(ローストキチンやビーフ)やアップルパイなどを食べまくり(ちなみに米国にはクリスマスケーキはありません!)、太る人が少なくないのです。実際、1月になると、セントラルパークでジョギングする人が一気に増えます。

年明けいきなり「ベジタリアン」宣言!

この連載の過去記事はこちら

一方、食生活を改めようと考える人は何をするのか。なんと、いきなりベジタリアンになるんですね。日本ではベジタリアンはまだ珍しい存在かもしれませんが、米国ではベジタリアンを標榜するセレブも多く、近年結構な勢いで増えてきています。

ベジタリアンになる理由は、動物愛護や健康、宗教上の理由など千差万別。また、ベジタリアンと一口に言っても、その程度もさまざまです。中には肉や魚だけでなく、卵や乳製品など動物性脂肪が含まれたものは一切摂取しない人もいますし、肉や魚そのものを食べないだけの人もいます。

私の友人にも、とてもユニークな理由でベジタリアンになった男性がいます。その彼、マークは20代までピザや炭酸飲料などジャンクフードが常食という典型的な米国人男性でした。が、ある日彼のルームメート、カルヴィンが「 ビーガン (vegan)」(完全菜食主義者で、卵や乳製品を食べないだけでなく、動物性の素材を用いた靴・衣服なども身に付けない)になると決意したのです。その日から、彼は毎日のようにマークの食生活に口を出し、ビーガンの知識を押し付けて来たそう。それに嫌気がさしたマークは何と自分もビーガンになって、カルヴィンを打ち負かそうと思いついたわけです。

次ページNYのベジタリアンはどこで食事をするのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT