ニューヨーク流「自分をガチで変える」革新術

最新エクササイズからスピーチスキルまで

ニューヨーカーたちが夢中になっていることとは?(写真 : golubovy / PIXTA)

新年あけましておめでとうございます! あっという間に2018年になりましたね。大人になるとこんなにも月日が流れるのが早いものか、と驚くことはありませんか。それと同時にふっと感じる後悔の念……「ああ、あんなことしておけばよかった」「もっとこうすればよかった」と。だからこそ、気持ちがフレッシュな年明けに「新年の抱負」を掲げるのでしょうね。

アメリカでも、これは同じで新年になると多くの人が「New Year’s Resolution」を決めます。私が住むニューヨークでよく聞くのは、私生活の見直し。たとえば、ジムやカウンセリングに通ったり、新しい食生活を始めたりするわけです。

そこで、今回はニューヨーカーたちが夢中になっている運動や食事法などを紹介したいと思います!

カーディオ・キックボクシングで肉体改造

ニューヨーク発の人気スポーツと言ったらヨガやピラティスを思い浮かべる人が多いと思います。一時は確かにニューヨーク中、ヨガスタジオだらけでした。私もビックラムヨガに3年ほど通っていましたが、やっぱりこれだけでは消化されないストレスや、エネルギーが残っていました。私のような思いを抱えた熱量高めの人たちは結局ヨガをギブアップし、ランニングなど新しい運動を始めます。が、これもなぜか煮え切らずにギプアップ。

ついに、そんな人たちにピッタリなエクササイズが生まれました! それは、カーディオ・キックボクシング。キックボクシングと聞くと、格闘技的な要素が強いと思われるかもしれませんが、「カーディオ=有酸素運動」を取り入れたエクササイズ、キックボクシングのほかにエンドレスに縄跳びやランニングをやるというユニークなものです。

私自身も通っているのですが、アメリカ人だからなのか、「見て覚えろ」というスタンスで、動きや構成を間違ってもお構いなし。通っている人たちの目的は、ダイエットや筋力アップなので、プロのような動きが求められることはありません。

このエクササイズのウリはなんと言っても、カロリー消費量。なんと1回45分のクラスで1000キロカロリーを消費する、とうたっています。クラスが行われているときは音楽がかかっているので、テンションもマックスに。先生によって音楽が違うのも面白い。しかも、教えてくれるのはプロのボクサーやムエタイ選手なので、その体や動きの美しいこと! 1度お試しに通ってから、すっかり虜になってしまい、今では個人レッスンをとるほどになってしまいました(笑)。

面白いのが、このクラスを受講しているのがほとんど女性という点。ビジネスウーマンやママさんが多いようです。彼女たちに話を聞いてみると、いずれも過去にヨガやピラティスをやっていた経験を持つ運動大好きタイプ。外見はセクシーな女性ばかりですが、バイオレンスな動きも簡単にやってのけるカッコイイ女性が多いのです。

次ページセクシー女子たちが鍛える理由は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT