引き締まった体を作りだす「走る姿勢」のコツ

ダイエットで縮む人と、引き締まる人の差

「正しい走り方」を身に付けて、ランニングの効果を存分に感じましょう(写真:プラナ / PIXTA)
プロフェッショナル・ランニング・コーチとして数多くの働く市民ランナーを指導し、『仕事ができる人の「走り方」』の著書もある青山剛氏は、「ダイエット目的でランニングを始める人は多いですが、ただやみくもに走るだけでは効果がありません」と指摘します。また、「正しく走るための動作は、美しい体形を手に入れるためにも効果的」とも。そのポイントを青山氏に聞きました。

なぜ体形が変わらないのか

「やせたい」「体脂肪を落としたい」。ランニングを始める理由でいちばん多いのは、いまも昔も圧倒的にダイエットです。

有酸素運動を続けて行えば体脂肪は燃焼されるので、食べすぎを避けて普段以上に運動すれば、体重は確実に減っていきます。ウォーキングやランニングは代表的な有酸素運動ですから、ダイエットに適していることは間違いありません。

ところで、やせるためにランニングを始めた人たちは、単に体重が落ちればそれでよし、と考えているのでしょうか。

私は、パーソナル・ランニング・コーチとして多くの市民ランナーのお手伝いをしてきました。その経験から言うと、皆さんが望んでいるのはただやせたいだけでなく、体重を落としつつも、より強く健康で、外見的にもシャープな体を手に入れることです。

体重を落とすだけなら食事制限で十分です。80キログラムの体重を食事制限で75キログラムにすることはそう難しいことではありません。カロリー摂取量を減らせば、自然に体重は落ちます。

次ページ「正しい走り方」が身に付いていないから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。