引き締まった体を作りだす「走る姿勢」のコツ

ダイエットで縮む人と、引き締まる人の差

「正しい走り方」を身に付けて、ランニングの効果を存分に感じましょう(写真:プラナ / PIXTA)
プロフェッショナル・ランニング・コーチとして数多くの働く市民ランナーを指導し、『仕事ができる人の「走り方」』の著書もある青山剛氏は、「ダイエット目的でランニングを始める人は多いですが、ただやみくもに走るだけでは効果がありません」と指摘します。また、「正しく走るための動作は、美しい体形を手に入れるためにも効果的」とも。そのポイントを青山氏に聞きました。

なぜ体形が変わらないのか

「やせたい」「体脂肪を落としたい」。ランニングを始める理由でいちばん多いのは、いまも昔も圧倒的にダイエットです。

有酸素運動を続けて行えば体脂肪は燃焼されるので、食べすぎを避けて普段以上に運動すれば、体重は確実に減っていきます。ウォーキングやランニングは代表的な有酸素運動ですから、ダイエットに適していることは間違いありません。

ところで、やせるためにランニングを始めた人たちは、単に体重が落ちればそれでよし、と考えているのでしょうか。

私は、パーソナル・ランニング・コーチとして多くの市民ランナーのお手伝いをしてきました。その経験から言うと、皆さんが望んでいるのはただやせたいだけでなく、体重を落としつつも、より強く健康で、外見的にもシャープな体を手に入れることです。

体重を落とすだけなら食事制限で十分です。80キログラムの体重を食事制限で75キログラムにすることはそう難しいことではありません。カロリー摂取量を減らせば、自然に体重は落ちます。

次ページ「正しい走り方」が身に付いていないから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。