引き締まった体を作りだす「走る姿勢」のコツ

ダイエットで縮む人と、引き締まる人の差

「正しい走り方」を身に付けて、ランニングの効果を存分に感じましょう(写真:プラナ / PIXTA)
プロフェッショナル・ランニング・コーチとして数多くの働く市民ランナーを指導し、『仕事ができる人の「走り方」』の著書もある青山剛氏は、「ダイエット目的でランニングを始める人は多いですが、ただやみくもに走るだけでは効果がありません」と指摘します。また、「正しく走るための動作は、美しい体形を手に入れるためにも効果的」とも。そのポイントを青山氏に聞きました。

なぜ体形が変わらないのか

「やせたい」「体脂肪を落としたい」。ランニングを始める理由でいちばん多いのは、いまも昔も圧倒的にダイエットです。

有酸素運動を続けて行えば体脂肪は燃焼されるので、食べすぎを避けて普段以上に運動すれば、体重は確実に減っていきます。ウォーキングやランニングは代表的な有酸素運動ですから、ダイエットに適していることは間違いありません。

ところで、やせるためにランニングを始めた人たちは、単に体重が落ちればそれでよし、と考えているのでしょうか。

私は、パーソナル・ランニング・コーチとして多くの市民ランナーのお手伝いをしてきました。その経験から言うと、皆さんが望んでいるのはただやせたいだけでなく、体重を落としつつも、より強く健康で、外見的にもシャープな体を手に入れることです。

体重を落とすだけなら食事制限で十分です。80キログラムの体重を食事制限で75キログラムにすることはそう難しいことではありません。カロリー摂取量を減らせば、自然に体重は落ちます。

次ページ「正しい走り方」が身に付いていないから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?