疲れた体をほぐすストレッチ「5つの秘訣」

心も体もガチガチの状態を劇的に変える

一日中同じ姿勢ばかりで、体が固まっていませんか?(写真:Mills / PIXTA)
日々のパソコン作業、スマホの見すぎで全身がガチガチになっていませんか? 『すごいストレッチ』の執筆陣が、ストレッチの重要性とコツを、コリの仕組みから解説します。

こんな人こそストレッチを!

すこし手を止めて、いまの自分の状態を観察してみてください。

以前より呼吸が浅かったり、体が力みがちだったり、無意識に奥歯にギュッと力が入っていたりしませんか? あるいは眠りが浅く、朝起きても疲れが取れていなかったり。

これは、仕事や家事で体が働きすぎになり、交感神経優位の状態になっているせいかもしれません。交感神経優位とはすなわち戦闘モード。心が休まっておらず、体がつねに緊張状態のままなのです。

そんな体を副交感神経優位の状態に誘導し、心も体も和らげてくれるのがストレッチ。ここでは、より効果的なストレッチで、働きすぎの体をほぐすための5つの知識をご紹介します。

1 そもそも「コリ」の正体は?

仕事やゲーム、読書などに熱中して同じ姿勢を続けていたら、肩や首が痛くなった、という経験は誰にでもあるはずです。本来、筋肉というのは収縮と弛緩(しかん)を繰り返すものなのですが、同じ姿勢を続けていると、収縮のみが行われ、弛緩することができなくなるのです。

すると、体の中でなにが起こるかというと、

 ● 収縮した筋肉が血管を圧迫し続けるため、血流が悪くなる

 ● そのため、酸素や栄養素の運搬が十分に行われなくなる

 ● 乳酸といった筋肉内の老廃物も血流が悪くなることで、十分に排出されなくなる

つまり、酸素や栄養は来ない、老廃物はたまっていくで、痛みが生じるわけです。これがコリの正体です。

次ページ静脈には心臓の力はほとんど及んでいない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT