「硬すぎる筋肉」は仕事効率まで下げてしまう

簡単!筋肉疲労を和らげる食事の選び方

アナタは「やわらかい筋肉」を維持できていますか?(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

今年も「スポーツの秋」のシーズンになりましたね。9月の中旬になると暑さも和らぎ、ゴルフにマラソン、お子さんの運動会など、体を動かしたくなる方も多いのではないでしょうか。

しかし、日頃の運動不足で筋肉が硬くなっていると、思わぬケガや長引く筋肉痛に見舞われることがあります。そして筋肉が硬い状態だと、血の巡りが悪くなり、仕事効率も下がってしまうことがわかってきました。

太りやすくなり、節々が痛くなり、集中力も落ちる…

人を含む動物の筋肉には、「筋線維」という線状の細胞の集合体です。デスクワークなどで、長時間同じ姿勢を保ち続けていると、筋肉が動かないので、筋線維を覆う「筋膜」という細胞が分厚くなっていき、これによって筋肉はどんどん硬くなっていきます。

筋膜はコラーゲンでできており、本来は弾力性と伸縮性のある細胞。ですが使わないと固まり、肩こりや腰痛、手足のしびれなどが起きてくるのです。これは血の巡りが悪くなっているサインでもあります。

筋肉は血液やリンパの流れをよくする「ポンプ」のような働きもしますが、筋肉が硬くなると、このポンプの機能を果たしにくくなります。結果、血流やリンパの流れが悪くなり、頭痛や、節々の痛みなどが生じ、疲れやすい体質になってしまうことも。脳までスムーズに血が流れないと集中力を欠き、仕事効率が悪くなってくるでしょう。

またポンプが機能不全に陥ると、せっかく食事から栄養を補っても、体全体に栄養素が行き届かなくなり、老廃物が溜まっていく一方に。お腹がポッコリと出て来たり、手足の末端が冷えたりします。

次ページ筋肉をほぐすカンタンな方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。