解毒、造血、粘膜強化!旬のサンマの潜在力

気温の変化が激しい秋口にうってつけ

旬の今だからこそ効率的に得られる機能があります(写真:カドヤマ / PIXTA)

9~10月にかけ旬を迎えるサンマ。江戸時代から庶民に愛されてきた、栄養価豊富な魚です。

サンマは青背魚の一つとして、その脂にDHAやEPAが豊富に含まれることで有名ですが、乾燥肌や冷え予防、肝臓での解毒作用など、秋の不調予防につながる成分も含まれています。旬の時期だからこそ補いたい、サンマの豊富な栄養価について見ていきましょう。

DHA・EPAだけじゃない!サンマの底力

この連載の記事一覧はこちら

サンマは、その姿が刀に似ていることもあり、ご存じの通り漢字で「秋刀魚」と書かれます。三陸沖に10月頃に着くものが、脂が乗っていていちばんおいしいと言われています。

そんなサンマの脂肪酸にはDHAやEPAが豊富に含まれており、脳細胞を活性化させ、記憶力や集中力を高めることで知られています。そして、コレステロール値を低下させたり、血流をよくして高血圧やがんを予防する効果も期待できます。

旬のサンマには、文字通り「脂」が乗っているので、食べればDHAやEPAも豊富に摂取できることができます。この時期は脂肪酸の含有量が20%を超えるサンマもありますが、一方で旬の時期を過ぎ12月に入ると、その含有量は5%ほどまで低下していくのも特徴。サンマからDHAやEPAなどの脂肪酸を摂取するには、今の時期が最適なようですね。

次ページ注目したいコンビニメニューはコレ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT