シミ対策の新潮流、「ゴジベリー」って何だ?

「スーパーフード」の仲間入りで注目度急上昇

摂取の方法は、意外とたくさんありそうです(写真:北の魔女 / PIXTA)

「美容男子」という言葉も一般化し、いまや男女問わずシミ対策に余念がないビジネスパーソンは少なくないでしょう。男性用化粧品の需要も伸び、コンビニで男性用の化粧水やクリームが購入できるようになりましたね。

しかし、シミ対策には食事など内側からのケアも大切です。特に秋は、夏に日焼けした肌が「ターンオーバー」で生まれ変わる時期なので、シミが表面に出て来やすい季節でもあるのです!

9~10月はシミが目立ちやすくなる時期

この連載の記事一覧はこちら

そんなシミ対策に、スーパーフードの1つでもある、中華料理でおなじみの「クコの実」が注目されています。日本ではお目にかかる機会が少ないですが、アメリカでは「ゴジベリー」という名で、人気を集めています。

夏場の強い紫外線を浴びると、肌はメラニンを生成し、細胞内のDNAを守るようになります。このメラニンは、肌の奥にある基底層という部分にできますが、肌の細胞が生まれ変わるごとに、基底層から押し上げられ、やがてシミとなって表面に出てきます。

肌の細胞の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバーとも言います)は成人で4~6週間。つまり、7月~8月にかけて強い紫外線を浴びた肌は、今の時期から10月にかけては、ターンオーバーでメラニンが浮き上がってくるため、シミが目立つ時期となるわけです。

次ページ体内からシミが出来にくい環境を作る
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。