ライザップは、なぜあれほど痩せられるのか

体験者が明かす「結果」につながるロジック

「太る」「痩せる」のには理由があります(写真:freeangle / PIXTA)

テレビタレント、アイドル、経済評論家……。衝撃的な「ビフォー/アフター」の姿に、毎回のように驚かされている人は少なくないのではないか。ライザップのテレビコマーシャルシリーズだ。

どうしてあんなに痩せられるのか。大変なことをさせられているのではないか。食事は食べられるのか。あんなに急に痩せて体に良くないのではないか……。そんな思いも浮かぶ。私自身も、そう感じていた。

だが、著書『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』の制作にあたり、私は2カ月間、自らライザップを経験することになった。待っていたのは、自分でも予想していなかった事態だった。

「結果」を出すためのロジック

特に太っているわけではなかった私の体重は、わずか2カ月で7.2kg減った。ウエストは11.8cm減。体脂肪率は25%が17.7%に。久しぶりに会う人のほとんどが私の姿に驚き、「スマートになりましたね」と声をかけられることになった。

しかも驚いたのは、健康的に痩せられていたことだ。中高年でダイエットをすると、一気に老け込んでしまうこともあるが、そうはならなかった。むしろ私は、若返ったという評価を周囲から得ることになった。

次ページ「なぜ太るのか」を理解していない人が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。