ライザップは、なぜあれほど痩せられるのか

体験者が明かす「結果」につながるロジック

「太る」「痩せる」のには理由があります(写真:freeangle / PIXTA)

テレビタレント、アイドル、経済評論家……。衝撃的な「ビフォー/アフター」の姿に、毎回のように驚かされている人は少なくないのではないか。ライザップのテレビコマーシャルシリーズだ。

どうしてあんなに痩せられるのか。大変なことをさせられているのではないか。食事は食べられるのか。あんなに急に痩せて体に良くないのではないか……。そんな思いも浮かぶ。私自身も、そう感じていた。

だが、著書『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』の制作にあたり、私は2カ月間、自らライザップを経験することになった。待っていたのは、自分でも予想していなかった事態だった。

「結果」を出すためのロジック

特に太っているわけではなかった私の体重は、わずか2カ月で7.2kg減った。ウエストは11.8cm減。体脂肪率は25%が17.7%に。久しぶりに会う人のほとんどが私の姿に驚き、「スマートになりましたね」と声をかけられることになった。

しかも驚いたのは、健康的に痩せられていたことだ。中高年でダイエットをすると、一気に老け込んでしまうこともあるが、そうはならなかった。むしろ私は、若返ったという評価を周囲から得ることになった。

次ページ「なぜ太るのか」を理解していない人が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT